女性カメラマン

写真を撮影するのが趣味でいろいろな場所に旅行して風景を撮影したり、また日常の生活の中での場面を撮影したり、また家族の成長を撮影したりする人も多いです。
昔は写真というとフィルムが必要で一度撮影してしまうと再利用ができず経費がかかり過ぎていましたが、最近ではデジタルカメラの普及により取り直しが何度でもできて、撮影の画像をその場で確認できて削除もできるため、多くの画像の中から一番のものを選択できて効率的です。
その中で撮影結果の良かったものを引き伸ばしてパネルにして飾ったり、そのようなパネルをいろいろなデザインのフレームでいくつも作ったりします。
パネルも単純に引き伸ばす以外にも、カレンダーにして祖父母や親戚等に送ったりといろいろとデザインして活用する方法があります。特に祖父母に対して子供の写真パネルを送ると喜ばれることが多いです。

また最近ではデジタルフォトフレームのようなものもあり、映し出される写真がいろいろと変化するものもあり、そのデザインに凝る人も多いです。
自分でプログラムして写し出される順番等をデザインして見ている人を楽しませる技術です。
子供の成長を赤ちゃんの時から現在まで時系列的に映し出すことも可能で、子供の人数分のフォトフレームがあれば常に子供の成長を思い出せるようになります。
写真はそのままを映し出すものですが、最近ではパソコンで加工したり、デザインしたり自由に修正できるようになっているので、写真をパネルに引き伸ばした際に気になる点があった場合には簡単に修正もでき、一番のものを作成できます。

ディスプレイ

パネルのデザインを考えることも楽しみ方の1つにもなります。
自分の好きなデザインにすることができるのですから、世界に1つだけの、しかもずっと大切にできものができます。
とても大切なものは、人はどんな時でも大切にしたがります。
そんな大切なものを作ってみてください。
それによっても心が安らかになったりもします。
家族との思い出を残す、仲間と見せ合うといった楽しみ方はものすごくたくさんありますので、自分なりの楽しみをみつけてみてください。
そしてより大切なものをより大切にしていってください。

デザイン考える

写真は思い出の場面を残すことができるとても大切なもので、一生残るものでもあります。
現代はデータとして残すこともできますが、そのデータが壊れると、それに保存していた写真を失うことになってしまいます。
そのため、写真1枚1枚大切にする必要があります。
なので、その写真を1枚1枚パネルに収め、そしてそれにあったデザインを考えた方が良いと思います。
パネルに収めたら、その収めた写真を傷つけることもありませんし、写真もより見やすくすることができます。
壁に飾ったりすることによって、より親近感が生まれたり、その頃大切にしていた気持ち等を常に持つこともできます。
そしてそのパネルのデザインも、その写真にあった色や表現をすることによって、さらに鮮明に記憶等に残ります。
色使いのよって雰囲気が決まったり、その場の空気、仲間や家族とかとの絆が深まったりします。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

December 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031